ポジティブカードシリーズ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

月刊ビッグインタビューズは、経営者、ベンチャー起業家、次世代のビジネスリーダー、コンサルタント、医師、歯科医師、会計士、弁護士、税理士など10,000人以上が学んでいる日本最大級のビジネスリーダー向け学習システムです。
トップビジネスリーダーから結果を生み出す思考、行動、そして、どうやって失敗から学んできたのか、成果を生み出し続けた理由、ティッピングポイント、ブレークスルーした決断の瞬間などをインタビューしてあなたの飛躍的な成長や変化に貢献します。

tit_ha01[1]

大赤字になってsimg_ha01[1]いる会社は、"赤字のシステム"ができ上がっていると言います。
自動的に赤字になるような仕組み・・・恐ろしい仕組みです。

その仕組みに手を付けることができないので、業績はどんどん悪化していく。そんな状態の会社では、トップをはじめ、社員に至るまで"誇り"が失われていると言います。

まず再生するために一番最初の大切なポイントは、この"誇り"の部分だそうです。ただ口先だけで「"誇り"を取り戻そう!」と頑張っても、打ちひしがれた組織を活気づけることはできません。

会社を生まれ変わらせるためには、生まれ変わらせるシナリオが必要です。
復活のシナリオを書くために必要なトップのスキルとは?リーダー必見です。

tit_ha02[1]

 

 

 

 

創業者simg_ha02[1]や中小企業のトップは、経営者の勘で難関を乗り切ってきました。しかしこれからはそうはいかないと長谷川先生は言います。

良いビジネスモデルやサービスを持っていれば、あとは経営者の勘で、乗り切れる・・・という時代は終わりを告げました。

社会を取り巻く環境が激変するなか、これからのグローバル社会で生き残るには総合的なマネジメントが必要になってくるそうです。それが"5つのマネジメント"。

これができない会社は「10年後には生き残れない」とまで断言しています。MBAでも学ぶことができない5つのマネジメントとは?また、社長の勘に頼れなくなった時に、企業に必要となる要素、トップの考え方についても教えてくれています。

 

tit_ha03[1]

実務の視点から見たこれからの時代の企業戦略には、2つの大きなポイントがあるそうです。simg_ha03[1]

長谷川先生が「宮本武蔵戦略」と表現する、国内と海外に向けての戦略とは?どんな企業もこの2点は無視できません。

グローバル社会で生き残る強い会社経営、求められるリーダーシップとマネジメント、今後の企業戦略など、あなたの事業を永続させるための基礎知識をこの教材でしっかりと学んでください。

 

 

 

 

 

長谷川先生の話を聞きながら、痛感することはなんとなくてやっていては経営力はついていかないということです。経営力を高めるためには高めるやり方があるのです。その高める方法を知り地道に実践していけば5年で雲泥の差となります。ラッキーなことに経営力とは筋肉のようなもので誰もが後天的に開発が可能です。才能みたいなものではじめから決まっているのではなく、努力した結果が出るのですから、とても面白いです。
優れた会社を創るために経営力を絶対に高めるんだという気持ちでこのDVDを学び、ぐんぐん力を伸ばして下さい。
このプログラムには思考を深めるための8つの質問を用意しています。8つの質問をより深く考えていただき、この教材を120%有効活用してください。

12000円以上送料無料 お申込みはこちら
送料別 500円 お申込みはこちら
送料別 500円 お申込みはこちら
詳しくはこちら

(全ての教材にA4判の教材スクリプト(文字起こし)付き)

個人情報保護について
個人情報保護について

本ウェブサイトのご購入情報はベリサイン社のデジタルIDにより証明され、入力内容はSSL暗号通信により安全に送信されます。

img_ph03[1]img09[1]

しかし熱かった。
何が熱かったかといえば、長谷川先生をインタビューした室内の中。
撮影するための照明の温度と真夏にも関わらずエアコンの音が収録時に
入らないように消したため室内はサウナのようになりました。

あれほどまで汗をかいたのは久しぶりです。
その熱さで驚いたのは長谷川先生が熱いとかなんとか文句を言わず、
涼しげにインタビューに答えていただいたことです。

普通なら「熱すぎる!」と怒ってもいいと思いますが、熱くないのかな?
と思うような感じで、汗は出ているもののいたって普通。
この熱さであれほどの集中力を維持できる長谷川先生の精神力は尋常ではないと思った。
長谷川先生はなんと70歳を超えている。
でも、年齢を全く感じさせず、あれほどのエネルギーを持っていることにもさらに驚いた。

あんな70歳になりたい。

出演者プロフィール

名前 長谷川 和廣(はせがわ かずひろ)
会社名 CPI会社力研究所
役職名 代表

会社再生、M&A、企業戦略の立案、組織開発、新規事業開発
新製品開発、流通経路開発、経営管理システムの開発等

数々の実績を持つ
特に、ニコンと仏エシロール合併に際しては、
合弁交渉から合弁会社設立まですべてを担当
その後、ニコン・エシロールの
最高経営責任者として辣腕を揮い
1年目で営業利益を黒字化
2年目に経営利益の黒字化と配当を実現
3年目で無借金経営に変貌させ

高く評価され、「再生仕事人」「もう一人のゴーン」と呼ばれる
現在は会社力研究所を設立し、国際ビジネスコンサルタントとして
活躍する一方、これまで2000社を超える再生事業に参画した実績や
数々の商品企画を成功に導いてきた経験をもとに
「利益を生み出す組織、仕組みの作り方」をはじめ様々な分野で
多くの企業を指導している

<著書>
『2000社の赤字会社を黒字にした社長のノート』
『社長が求める課長の仕事力』
『超・会社力~力強く利益を出し続けるために~』
『仕事前の1分間であなたは変わる』
(以上、かんき出版)
『仕事のアマ 仕事のプロ~頭ひとつ抜け出す人の思考法~』

王東順 監督

ビッグインタビューズは
王東順さんが制作監督をしています

元フジテレビゼネラルプロデューサー。
「クイズ!ドレミファドン」「なるほど!ザ・ワールド」「クイズ年の差なんて」「新春かくし芸大会」等をプロデュース。総制作番組数2,000本以上。

"視聴率の怪物"として「フジテレビ黄金時代を築く」
現「ドリームワン」代表取締役。

長谷川 和廣 コンテンツ

  • どんな会社でも業績を上げる経営者と赤字企業の経営者の何が違うのか?
  • 赤字の会社が持っている特有の体質とは?
  • 経営(事業再生)の重要な3ステップとは?そのステップを遂行する際になくてはならないものとは?
  • 経営力のある人、ない人の違いとは?
  • 卓越した結果を出すために日本のビジネスマンが一番弱い点とは?逆に言うとこの一番弱い点を強化すると結果が出るようになります。
  • 長谷川先生が考えるプロ経営者の条件とは?
  • 優れたリーダーが常に考えていることとは?
  • 長谷川先生が外資系勤務時代に生み出した情報源が詰まった「おやっと」ノートとその活用法とは?
  • プロジェクト論やリーダー論を学ぶのに最適だと言う、意外な教科書とは?
  • 世界に出ていく日本人ビジネスマンの弱みと改善すべき点とは?
  • 経営基礎力をつけ、それを応用するという経営力アップのための2つのステップとは?・・・・
  • 社長の勘だけでは10年先、生き残れなくなると言います。ではいったい、どんなところを強化しいく必要があるの か?etc.
特典 ・特典 DVDには、特典映像として25の質問が収録されています
・特典 CDには、特典音声として25の質問が収録されています

生き残る強い会社の作り方 ~瀕死の2000社を蘇らせた企業再生のプロが教える~

商品詳細

・DVD×1枚(収録時間:約97分)
・CD×2枚(収録時間:約97分)
・教材のスクリプト(文字起こし)A4判24ページ

決済方法 クレジットカード、代金引換をご利用いただけます。
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • american express

おススメ1

おススメ2

おススメ3

おススメ4

おススメ5