ポジティブカードシリーズ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

img02[1]

この不景気に18期連続増収増益、躍進し続ける小売業として、日経ビジネス、日経トップリーダー、日経MJなどで特集が組まれ、今やビジネス界で大注目の食品スーパーハローデイ。
アミューズメントフードホールというコンセプトで40店舗を展開。
楽しい趣向を凝らした売場、明るく前向きな従業員さんたちの笑顔が溢れています。

しかし、加治敬通さんが先代から後を継いだ時、会社はどん底。
60億の売上に対して60億の借入金。
利息だけでも6億近く。
売上利益もマイナスなのでさらに億単位の借金をするしかない・・・・。
まさに倒産寸前だったのです。

それが、いまや18期連続増収増益。視察に来る数は日本一。

「なぜ、こんなことが実現できたのですか?」
この質問に対して加治さんは、迷わず即答します。
「仕事をみんなで楽しんできた、それしかない。」
瀕死のスーパーが、楽しんで増収増益。


明日潰れるかもしれない。
不安で眠れないのに、どうやって楽しめというのか?
また、意識の高い方であれば、楽しめるかどうかは
自分の心の持ち方次第ではないか?
と、思うかもしれません。

加治さんの話を聞くと、仕事を楽しむことにも「ノウハウ」があることがわかります。
自分の気持ちを立て直し、周りを巻き込んで「仕事を楽しむ」
業界で最も注目を集めるハローデイの復活劇。
このハローデイの再生の物語は、間違いなくあなたの活路となり、
勇気と希望を与えてくれるでしょう。

12000円以上送料無料 お申込みはこちら
送料別 500円 お申込みはこちら
送料別 500円 お申込みはこちら
詳しくはこちら

(全ての教材にA4判の教材スクリプト(文字起こし)付き)

個人情報保護について
個人情報保護について

本ウェブサイトのご購入情報はベリサイン社のデジタルIDにより証明され、入力内容はSSL暗号通信により安全に送信されます。

加治敬通の 「日本一働きたい会社を目指して ~倒産寸前のスーパーを蘇らせた“感動経営”~」

商品詳細

・DVD×1枚(収録時間:約105分)
・CD×2枚(収録時間:約105分)
・教材のスクリプト(文字起こし)A4判19ページ

決済方法 クレジットカード、代金引換をご利用いただけます。
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • american express

まずはサンプル動画ごご視聴下さい

日本一働きたい会社を目指して ~倒産寸前のスーパーを蘇らせた“感動経営”~

商品詳細

img04[1]

やる気のなかった加治さんが、後を継ぐと腹を決めた時、利益の出てないスーパーの店長を任されました。
スーパーの運営経験も決して豊富とは言えなかった加治さん。
一店長とはいえ、社長の息子。毎日、潰れるかもしれないという不安と闘いながら、
“ある2つのこと”徹底的にやり続けたそうです。

その努力の甲斐あって、なんとまったく利益の出てなかった店が1年で8000万の利益を出したそうです。
決して奇をてらった一発逆転ではなく、まさに基本と言えるこの“二つのこと”。
「それをしない店は潰れる!」とまで加治さんが言う、徹底してやり続けた“あること”とは?
売上拡大に行き詰っている方は必見です!まだやることがあります。

 
img05[1]

潰れそうな会社には取引先は商品を納めてくれない、従業員は辞めていく・・・。
今まで当たり前にあったことが崩れていく。

そんな中でもがむしゃらに働き、商売を立て直し始めた頃、「経営者なんて孤独だ、結局自分」と息巻いた加治さんに、ある先輩経営者が一喝。
加治さんは、そのひと言に一日中涙が止まらなかったそうです。

経営者なら当然感じる孤独感とその重責。加治さんは立派にどん底から会社を立て直していたのに、なぜ叱らなければならなかったのでしょうか。
その一言のおかげでさらに飛躍することなったハローデイ。
加治さんをさらに成長させ、“感動経営”に至るきっかけとなった“三本の指事件”。
この後何度も加治さんはこの教訓に助けられます。
経営者の人間力を上げるこの考え方。
さらに上を目指す方にぜひ学んでいただきたいエピソードです。

 
img06[1]

日本一視察の多いスーパー、ハローデイ。その売り場はまさにアミューズメントパーク、ワクワクするようなディスプレイで飾られています。

商品が生き生きと輝く売場。
誰もが思わず立ち止り、商品を手にとってしまう。
ハローデイに来ることが楽しくて買うものがなくても毎日立ち寄ってしまうという熱心はファンのお客様もいるそうです。

もちろん大勢の視察者も訪れます。
ディスプレイは簡単にマネできますが、この「売れる売り場」は見ただけではマネできないと加治さんは言います。

この教材では、視察だけでは決してわからないその最強の売り場作りについて、あますところなく語られています。
視察では得られないノウハウが詰まっています。
直に見ることも有益ですが、この加治さんの話はさらに有益です。
遠方ですぐに視察に行けない方は必見。 CD派の方は今回、DVDとのセットがおススメです。

 
img07[1]

よくお取引先から、
「加治さんのところのパートナーさん(パートさん)たちはすごいね。まるで経営者感覚だ。レベルが違う」と驚かれるそうです。

ハローデイでは、パートさんをパートナーさんと呼んでいますが、呼び方を変えるだけではこれだけ意識の高いパートさんを育成できません。
「そこまでやりたくないから正社員じゃなくてパートで働いている」とパートで働くほとんどがそう思っています。
そのパートさんが最強の戦力”になったとしたら?
現場のモチベーションが驚くほど高くなり、正社員、パート、アルバイトといった雇用形態が違う人々が協力し合える仕組みとは?


現場が一致団結して取り組めるようになり、自然と売上がついてくるという増収増益を支えるこのマネジメントの秘訣。をぜひ加治さんの話から学んでください。

 
img08[1]

ハローデイでは、お客様からのご要望やお叱りなどの投書を全部張り出して公開しています。

ある日、お客様のからの“お叱り”メッセージ“が張り出されず、意図的に捨てられているのを発見しました。
社員というのは悪い報告を報告したくないものです。
加治さんは店長への怒りを抑えて、意外な行動に出ました。
これによって、「宝の山」を手に入れたといいます。
そして、さらに経営に磨きをかけることになりました。
最も報告したくない「お叱りの声」が、スムーズにトップに上がってくる仕組み。


どこの会社も部下は良いことは報告し、悪い報告は後回しになりがちです。
そんな悪い報告がスムーズに経営陣に上がってくるだけでなく、現場がめきめき改善され、時には加治さんも従業員さんも涙するという「お客様の声」。
耳が痛くなるような悪い報告をあなたも「宝の山」に変えることができます。

出演者プロフィール

名前 加治敬通(かじのりゆき)
会社名 株式会社 ハローデイ
役職名 代表取締役

1964年 (現会長)加治久典の長男として生まれる
福岡県苅田町生まれ
1987年 駒澤大学経営学部経営学科卒業
1989年4月(株)ハローデイ入社
1992年 サービスセンター商品部長
1994年 代表取締役専務営業本部長、同開発本部長を経て
2007年6月 代表取締役副社長開発本部長
2008年6月 代表取締役社長

王東順 監督

ビッグインタビューズは
王東順さんが制作監督をしています

元フジテレビゼネラルプロデューサー。
「クイズ!ドレミファドン」「なるほど!ザ・ワールド」「クイズ年の差なんて」「新春かくし芸大会」等をプロデュース。総制作番組数2,000本以上。

"視聴率の怪物"として「フジテレビ黄金時代を築く」
現「ドリームワン」代表取締役。

加治 敬通氏コンテンツ

  • 18期連続増収増益という奇跡の復活を遂げたハローデイ。
    赤字時代と現在では“あること”が決定的に違うという、こだわり続けた“あること”とは?
  • まったく後を継ぐ気もなく、倒産寸前の家業から逃げることしか頭になかった
    加治さんの気持ちを180度変え、入社を決意させた“ある事件”とは?
  • 儲かっていない店舗を任され、わずか1年で8000万の純利益を出した。
    経験のない加治さんが「もうこれしかない」と思ってがむしゃらに実行した“二つのこと”とは?
  • 成功に安心することなく「寝ても覚めても新たな試みの深化(進化)」を掲げるハローディ。
    97回もの開店や改装でやり続けてきた「3つの新たな試み」とは?
  • 入るだけで愉しくなり、つい手にとって思わず買いたくなるハローディの売り場。
    単に見ただけでは真似できないというその理由とは?
  • 社長が常に現場を回るハローディ。やり方を少し変えただけで、パートナーさん(パートさん)を
    中心とした現場のモチベーションが見違えるようにアップしたという。そのやり方とは?
  • 働く意識に差が出る正社員とパートナーさん(パートさん)を互いに協力させるだけでなく、
    パートナーさんをあり得ないくらい強力な戦力にしてしまう加治式のマネジメントとは?
  • 従来の会議や慰安旅行などの内容を変えるだけで、生まれ変わったように
    社員の士気が上がり、やる気になるという。それらを絶好の機会に変える方法とは?
  • 商売が軌道に乗り始め「ここまできたのは自分の力、経営者は孤独だ」と
    独りよがりになりかけた加治さんに“感謝の心”がドーンとおりた「3本の指事件」とは?
  • 苦労の末にようやく出すことができた200万という利益。
    寄付するには大金すぎる“なけなしのお金”を氏神様に寄付して回ったという
    創業者の真意とは?
  • 会社全体が明るくなり、接客態度も良くなり、さらに理念が浸透するという
    ハローデイのユニークな朝礼とは?
特典 DVDには特典映像として「25の質問/ハローデイの朝礼」が収録されています。
CDには特典音声として「25の質問/ハローデイの朝礼」が収録されています。