ポジティブカードシリーズ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

社員が嫌がることをやりなさい

社長、なぜそんな制度をはじめるんですか。

新しい仕組みや制度を取り入れようとした時、
社員さんから反発を受けたことはありませんか。

成功している会社の事例を学ぶと
ぜひ当社にも取り入れたい、

と思うものです。

セミナーやDVDで学んで
ふと湧いたアイデアもすぐに実践したいと
考えたことが1度はあるのではないでしょうか。

そして、同時に次のような恐れを感じます。

「社員からの抵抗をどうしたらいいのか」

人は変化を嫌がるものです。

とても良いことで、
社員さんの幸せにつながることでも、
新しく制度やルールが変わると少なからず抵抗があります。

でも、抵抗があったからといって
あなたのアイデアを引っ込めていては、
会社の成長はありません。

どれだけ社員さんが嫌がることでも
それが、社員さんのため、会社のために
なるのであれば進めるべきです。


社員さんが嫌がるような制度や仕組みでも
どんどん取り入れたことによって

社員さんと会社はとても明るくなり、
営業しなくても毎年新規のお客様が増え、
テレビや雑誌の取材が殺到している会社があります。

その会社が
株式会社古田土経営(税理士法人 古田土会計)です。

え、税理士事務所の話?
と思ったかもしれません。

でも安心してください。

古田土会計で実践していることを
日本中の中小企業が真似をすることで
圧倒的な成果を出すことができます。



なぜなら、その取り組みは「本当にやれたら会社は良くなるよね」
と誰でも思うことを実践している会社だからです。

掃除、挨拶、朝礼

古田土会計は様々なメディアで取り上げられています。

その多くが
「掃除、挨拶、朝礼」について取り上げています。

朝礼は毎年1,000人近くの見学者があり、
今回のビッグインタビューズにもその様子が収録されています。(DVD版のみ)

「これが税理士事務所?」

と思わせるような朝礼です。

朝から非常に元気で、明るく、
エネルギーにあふれた朝礼をやっていますから、
多くの見学者が殺到するのも納得させられます。

tyourei_01[1] seisou_01[1]

ただ、「掃除、挨拶、朝礼」って
会社を良くする手段としてよく聞く、
と思ったかもしれません。

しかし、あなたの会社で
それらを徹底し、すべての社員が自主的に
取り組むことができているでしょうか。


社員が嫌がることでも取り入れ、
新しい文化を定着させることに
多くの会社が苦労をしています。

その解決策を学ぶことができます。

なぜ古田土会計では
社員が嫌がるような仕組みや制度を
取り入れることができたのでしょうか。

目的や定義を変えれば、結果が変わる

なぜ経営をしているのか。

あなたはこの問いかけに何と答えますか。

古田圡満さんは
「社員を幸せにする」とおっしゃっています。

経営の目的を何にするかを
決めるのは経営者であるあなた自身です。

どんな目的を選んでもよいのです。

古田圡満さんは「社員の幸せ」を選び、
その結果、会社も社員も、そしてお客様も幸せにする
会社経営を実現させることができています。



あなたが今、直面している課題はなんですか。


もしその目的や定義を変えたとしたら
どのような変化が起きるのでしょうか。


手に入れたい未来を描き、
あなた自身が目的と定義を決めてください。

経営計画書を作った81%が黒字経営に

経営計画書を作っていますか。

あなたがどれだけ素晴らしいビジョンを描いていても
あなたが経営に対して熱い思いを持っていても

それが文字や数字になっていなければ、
実現することはできません。

あなた自身の目標ならそれでもよいかもしれません。

しかし、経営者として、
社員さんや銀行、取引先の力を借りて
会社を成長させたいのであれば、

社長の考えをまとめた
経営計画書はとても重要な道具になります。


古田土経営が経営計画書を
作っている約300社のうち、
なんとその81%は黒字経営になっています。

keikakusyo_01[1]

そして、社風がよくなります。

社員が社長のいうことを聞くようになります。

経営計画書が必要だということは
これまでにも耳にしたことがあるかもしれません。

しかし、古田土満さん自身が
経営計画書によって実現した会社の姿を
目の当たりにすると、

その必要性は
会社経営に「必須の道具」であることに
気づかされます。

社長にとって古田土会計には
あなたの未来があります。

これを学ばずに経営をしたら
時間とお金の無駄を続けることになります。


ぜひ今すぐ手に取ってください。

古田圡満氏のインタビューから学べること

  • 年間1,000人ほどが見学に来る、非常にユニークな朝礼の目的とは。
  • 社内からの抵抗をうすめて、新たな制度を導入するコツとは。
  • 経営理念をボトムアップではなく、トップダウンで作らなければいけないわけとは。
  • 古田土会計では「社員を幸せにする」という言葉が経営理念に入っているわけとは。
  • パートさんにまで、経営、決算内容をすべてオープンにしているわけとは。
  • 小中学校に行ってまでトイレ掃除をするわけとは。
  • 入口の床に足形が書かれている意味は。
  • 営業活動をしていないのに年間200件も新しい仕事が増えているわけとは。
  • 新たな社風を定着させるためにどの位の時間がかかるか。
  • 他の会計事務所はやっていない、「経営計画書」の書き方を古田土会計が無料で行っているわけとは。
  • 経営計画書を作る社長と、作らない社長の違いとは。
  • 経営計画よりも業績が良すぎてはいけないわけとは。
  • 経営を判断する時に、売上、営業利益率、経常利益率ではなく何を見るべきか。
  • 中小企業にとって理想的な自己資本比率とは。
  • 「一人当たりの利益額」を設定するわけとは。
  • 会社を成長させ続ける経営者の条件とは。
特典 ・CDには、特典音声として「25の質問」が収録されています。
・DVDには、特典映像として「朝礼シーン」「25の質問」が収録されています。

出演者プロフィール

名前 古田圡満(こだとみつる)
会社名 税理士法人 古田土会計

1952年、茨城県生まれ。
1983年、古田土公認会計士事務所開業。

日本中の中小企業を元気にすることをビジョンとして
経営計画の実践を通して1,900社の中小企業に対して
利益の出し方、お金の残し方を中心とした
財務コンサルティング業務を積極的に行ってきており、
豊富な実績とノウハウを持つ。

熱意のある月次決算による会計指導と
経営計画の作成指導は業界でも有名。

150人の社員とともにお客様に喜ばれる
会計事務所つくりを理念に急成長している。

また、今年1月には700人以上の参加者で
古田土会計の経営計画発表会を開催し
金融機関をはじめ、多くの企業や会計事務所の
注目を集めている。

著書
「掃除、挨拶、計画で会社は儲かる」(あさ出版)
「ドロくさいけど必ず結果が出る!経営計画のつくり方」(あさ出版)
「中小企業は行列のできるラーメン屋を目指せ」(秀作者出版)

王東順 監督

ビッグインタビューズは
王東順さんが制作監督をしています

元フジテレビゼネラルプロデューサー。
「クイズ!ドレミファドン」「なるほど!ザ・ワールド」「クイズ年の差なんて」「新春かくし芸大会」等をプロデュース。総制作番組数2,000本以上。

"視聴率の怪物"として「フジテレビ黄金時代を築く」
現「ドリームワン」代表取締役。

古田圡満氏の成功を掴む言葉

社員が嫌がることでもやりなさい! ~社員も家族も幸せにする経営術~

商品詳細

・DVD × 1枚(収録時間:約94分)
・CD × 2枚(収録時間:約94分)
・教材のスクリプト(文字起こし)A4判

決済方法 クレジットカード、代金引換をご利用いただけます。
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • american express
出演者

税理士法人 古田土会計 古田圡 満

12000円以上送料無料 お申込みはこちら
送料別 500円 お申込みはこちら
送料別 500円 お申込みはこちら
詳しくはこちら

(全ての教材にA4判の教材スクリプト(文字起こし)付き)

個人情報保護について
個人情報保護について

本ウェブサイトのご購入情報はベリサイン社のデジタルIDにより証明され、入力内容はSSL暗号通信により安全に送信されます。

追伸
DVD+CDのセットだと、送料が無料になります。 社内研修にも最適ですので、社員さんの意識を高め、 共に前に向かっていくための教材としても役に立ちます。