ポジティブカードシリーズ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

教材の内容紹介

今回のビックインタビューズシリーズ第61弾は大嶋啓介氏です

年間18000人もの人々が、その朝礼を学びに訪れるという居酒屋てっぺん。
さまざまな業界、業種の人々、経営者や管理職、一般社員・・・。
あらゆる人たちがてっぺんの朝礼に参加しています。日本全国各地から、なんと海外からも。
なぜ、こんなにも多くの人々がたった15分間の朝礼を見に来るのでしょうか?

居酒屋てっぺんの朝礼“本気の15分”には、会社の業績も、人の人生もガラリと変えてしまうほどの底知れぬパワーがあります。
「こんなヤツはダメだ!」と普通なら採用もされないダメダメスタッフが、生き生きと輝き出し、お客様のために、仲間のためにと主体的に仕事に取り組むようになる。


その仕事をお客様からほめられる。

スタッフは、仕事を通じて、自分が価値のある人間だということを知り、
夢を持ち、前向きに生きるようになる。
活気にあふれる店内、再来するお客様。
そして、自然に上がっていく売上。

この好循環の源泉が“朝礼”。
たった15分間の朝礼なのです。


朝礼を変えただけで人生が変わるなんて。
朝礼を変えただけで業績が変わるなんて。

自らも、その変化を起こし、同じように変化していくスタッフを見てきた大嶋啓介さん。
“朝礼”という15分間を研究し尽くし、人材育成にまで高めた大嶋啓介さんが、自らが熱きその経営を語る貴重な教材です。

まずはサンプル動画ごご視聴下さい

ダメなヤツなんていない! ~”本気の15分”が人と会社を変える~

商品詳細

朝礼にはすごい力がある

朝礼を当たり前のようにルーチンでやっている会社もあれば、朝礼をやっていない会社もあります。

朝礼で情報共有をするのも確かに有効です。しかしてっぺん大嶋啓介さんは、朝礼で自分の人生を変え、なんと社員の人生をも変えてしまっています。

てっぺん大嶋啓介さん自身が、ダメダメだった店長時代。いつも自分がうまくいかない理由を他人のせい、環境のせいにしていたそうです。
しかし、ある体験によって目が覚めたそうです。そして、その実体験によって、朝礼の大きな可能性に気づいたのです。
やり方によっては、集中力が抜群に高まる、モチベーションがぐんぐん上がる・・・。チームワークが目に見えて良くなる・・・。


てっぺん大嶋啓介さんは、さまざまな繁盛店の朝礼を研究し尽くし、実践しました。朝礼には2つのすごい力があることを確信した大嶋さん。 たった15分が持つ2つのすごい力。15分で、会社や組織を成長させることができるとしたら?どんな会社もこの“わずか15分”は捻出できます。
ぜひ、この大嶋さんの話から組織を成長させるチャンスを掴んでください。

やる気がない人ほど最高!前代未聞の採用方針

居酒屋てっぺんでは、スタッフの募集をかけたことがないそうです。スタッフの出入りの激しい飲食業界で、スタッフ確保は大きな悩み。しかし、てっぺんでは求人広告をかけなくても続々と応募があります。それならスタッフは選び放題、さぞかし、いい人が採用できるだろうと思いきや、全然違います。

居酒屋てっぺんでは、やる気満々の人を差し置いて、むしろ「全然やる気のない人」を選びます。どこへ行っても採用されないような人を敢えて採用するという方針なのです。
大嶋啓介さんは、「やる気のない経歴があればあるほど最高!」と言っています。そういう人を採用することでしか得られないことがあるそうです。

人材育成においてとても価値のあるその大切なこととは?いい人を採用したいけれど、なかなかいい人が応募してこない、思うように社員が育ってくれないと悩まれている経営者、マネージャーの方必見です。
目からウロコ!人材育成の考え方がガラリと変わります。

人は変えられない?変えられる?人が変わる2つのきっかけ

経営者の悩みの多くが、社員の悩み、いわゆる人の悩みです。
育成したいと思っていても、思うように育たない。それどころか、まったく言うことを聞かない反抗的なスタッフのことを考えると夜も眠れない。「いっそのこと辞めてくれたら・・・」真面目で一生懸命なリーダーほど胃が痛くなるくらい毎日悩んでいます。

よく「他人は変えられない、変えられるのは自分だけ」といわれていますが、大嶋さんは「人が変わるきっかけは2つある」と言います。そのきっかけのどちらかがあると、まるで生まれ変ったように、人は変わっていくのだそうです。

「人を変えたい!」と悶々と悩んでいるリーダーに必要なのは、そのきっかけを与えること。どんなリーダーにも必要なこの資質。その人の人生のためにも「変わってほしい」と社員や部下に対して本気で思っている経営者、管理職の方は必見です!

スタッフにもお客様にも効果抜群!情熱のある店長はこうやって作る

情熱があふれるてっぺんの店長たち。スタッフからも信頼され、お客様からも頼りにされる。てっぺん大嶋啓介さんは、そんな手塩にかけて育てた店長も、どんどん独立させていきます。

てっぺんでは、独自の方法で店長を選んでいます。その方法で、店はさらにチームワークが強くなり、それぞれがやる気になり、ひいては自立していくそうです。朝礼に抵抗感がある人のほうが普通だと大嶋さんは言います。3ヶ月間朝礼で一言も話さなかったという女子スタッフは、「女道場」という店の店長にまでなり、今や自分で店を持つまでになりました。

「元気な居酒屋を作りたい!」「居酒屋を通じて日本を元気にしたい」という熱い思いのてっぺん大嶋啓介さん。人に元気を与える居酒屋は、お客様だけでなく、仕事を通じて人を育てることでもその理念を実現しています。情熱を持って仕事にあたってくれる社員たち。その育成方法の秘訣に迫ります。

大人になりたくない子供、管理職になりたくない社員

てっぺん大嶋啓介さんは2人の息子さんを持つお父さん。小学生の息子さんからいつも「お父さんみたいになりたくない」と言われていたそうです。大嶋さんは、ショックを受けつつも、まだ子供だからこんなものだろうと思っていたそうです。
しかし、ある時、気づいたのです。自分の行動が子供に「お父さんのようになりたくない」と思わせていたのだと。そして、その日からお子さんに対しての自分の行動を変えたそうです。そして子供たちにある変化が起こりました。


このてっぺん大嶋啓介さんのエピソードからは、自分が意識していない言葉や行動がいかに他人に影響を与えるかに気づかされます。大切な家族から尊敬される自分になる。知識があって、難しいことを知っている。たくさんお金を稼いでいる。だから尊敬されるわけではないのです。
人が人をリスペクトする基本中の基本がそこにありました。子供が「大人になりたくない」と思うのと同じように、管理職になりたがらない社員が増えています。
ぜひこれを実行し、社員や部下に尊敬されるそんなリーダーを目指してください。そして働きながら夢が持てる会社を作ってください。

teppen1teppen2teppen4teppen3teppen5

出演者プロフィール

名前 大嶋啓介(おおしまけいすけ)
会社名 有限会社てっぺん
役職名 代表取締役 

今、飲食業界で最も注目を集めている居酒屋「てっぺん」の創業者。
”飲食業界の風雲児”と言われているてっぺん独自の「公開朝礼」が
テレビや雑誌で数多く取り上げられ大きな話題となる。
今では韓国や台湾など海外からも含め、
年間約1万人もの人々が「てっぺん」の朝礼を見学に訪れる。
2006年には居酒屋業界全体の活性化を目的にNPO法人「居酒屋甲子園」を立ち上げ、
初代理事長を務めた。
さらには、「日本中に夢を広めたい」という熱い想いで全国の講演活動にも励んでいる。

DVDに「本気の朝礼」「夢力」(日経BP社)
著書に「夢が叶う 日めくり」(現代書林)
「てっぺん!の朝礼」(日本実業出版社)

王東順 監督

ビッグインタビューズは
王東順さんが制作監督をしています

元フジテレビゼネラルプロデューサー。
「クイズ!ドレミファドン」「なるほど!ザ・ワールド」「クイズ年の差なんて」「新春かくし芸大会」等をプロデュース。総制作番組数2,000本以上。

"視聴率の怪物"として「フジテレビ黄金時代を築く」
現「ドリームワン」代表取締役。

ダメなやつなんていない!大嶋啓介氏コンテンツ

  • 最初は人間関係がうまくいかず、ダメダメ店長だったてっぺん大嶋啓介さんが、
    人生を変えるきっかけとなった出来事とは?
  • やるとやらないとでは明らかに違う。社員のお客様への対応や仕事ぶりがぐっと良くなる、
    朝礼でやるべき"ある行動"とは?
  • てっぺん流の朝礼では、大声を出したり、発表したりする。
    人前で話すことに抵抗のある人を巻き込んでいく方法とは?
  • 社長やリーダーだけがやる気満々で、社員や部下は白けている。
    こんな状態でも、温度差をなくしつつチームワークを高めていける朝礼の作り方とは?
  • 会社の雰囲気が変わるだけでなく、業績をも変えてしまうという
    朝礼が持つ"二つのすごい力"とは?
  • 人が生まれ変わったようにやる気になり、行動が変わるきっかけとなる2つのポイントとは?
  • 今、韓国の「てっぺん」がどの店よりもエネルギーも高いといいます。
    それはあることに対する意識が極めて高いから。その意識とは?
  • 大嶋さんとスタッフが講演している高校で停学や退学する生徒がいると、
    わざわざ店舗で預かると言う。そこまでする理由とは?
  • 「やる気のない人」を採用する「てっぺん」。育てるのが難しい人を敢えて採用するという
    前代未聞の採用方針とその理由とは?
  • 日本は世界の中でも「子供が親を尊敬しない国」。
    子供に尊敬される親(大人)になるために、絶対やってはいけない行動とは?
  • 何よりもお客様を大切にし、スタッフへは愛情を注ぎまくる、
    やる気満々の情熱店長を育成する仕組みとは?
  • 今、繁盛してない店がまず最初に取り組むべき一番大切なこととは?
  • スタッフが落ち込んでいる時、大嶋さんは「もっと落ちろ」と本気で思う。
    「(落ちているなんて)最高だな」と声をかけることさえある。その真意とは?
特典 特典映像 25の質問 居酒屋てっぺん「日本一の朝礼」
特典音声 25の質問 居酒屋てっぺん「日本一の朝礼」

「ダメなヤツなんていない!~”本気の15分”が人と会社を変える~」」

商品詳細

・DVD×1枚(収録時間:約120分)
・CD×2枚(収録時間:約120分)
・大嶋啓介の教材のスクリプト(文字起こし)A4判24ページ
 ※巻末特典(7ページ)
  ・てっぺん ザ・ルール
  ・てっぺん 凡事徹底
  ・てっぺん 接客の極意

決済方法 クレジットカード、代金引換をご利用いただけます。
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • american express
12,000円以上送料無料 お申込みはこちら
送料別 500円 お申込みはこちら
送料別 500円 お申込みはこちら
詳しくはこちら

(全ての教材にA4判の教材スクリプト(文字起こし)、クリティカルシンキング付き)

個人情報保護について
個人情報保護について

本ウェブサイトのご購入情報はベリサイン社のデジタルIDにより証明され、入力内容はSSL暗号通信により安全に送信されます。