[※残り] 8社(集まり次第早期締切)

こんにちは山口です。正直に告白します。

売上も順調で、利益も出ています。
新卒や中途も毎年十数人採用し、会社はどんどん成長しています。

でも、悩みが消えません、、、


人がいない。

仕事を完全に任せるに足る人が。


 社員はみんないい人で、熱心に働いてくれますし、信頼もしています。
しかしまだ若い会社ということもあり、役員にできるレベルの人間が育っていません。

まだまだ自分で計画を立て、実行できるような人も少なく、規模が大きくなっていくほど、個々の仕事もどこか他人事のように、、、

呆れて笑いますか?

欲を言えば、それぞれの社員が任された仕事に対し、経営者のような自覚を持ってほしい。
自分で計画を立て、チェックし、改善し、目標の達成に責任も持ってほしい。

プレッシャーを与えたり、怒鳴ったり、脅したりすることなく、自分で燃えて積極的に仕事に取り組んでほしい(そして目標の達成を楽しんでほしい)。

さらには、どんどん能力を高めて優秀になったとしても、転職や独立をして辞めることなく、むしろ仕事も会社もさらに好きになっていってほしい。


夢物語に聞こえるでしょうか?

しかし私は、お客様から選ばれつづける会社であるために、これらを実現しようとしてきました(下記のいくつかは効果がありました)。

試行錯誤の日々

私が実際にやったこと(やっていること)は、、、


> 社内で教育プログラムをつくる

 これはいい考えに思いましたが、あまりうまくいきませんでした。
スキル的な部分でいえば、今でもマニュアルや研修はありますが、人間力を育てるにはどうすればいいのか、ゴールはどこなのか、担当者はおろか私にも漠然としていたからです(かといって、自社のことなのに、外部のコンサルタントを入れるのも違和感がありました)。


> 社内で定期的に勉強会を開く

 役に立ちました。特に早朝勉強会が定着してからは、会社が見違えるほど良くなり、経営者である私と社員との価値観がぐっと近づいたのを感じます。

しかし、価値観をそろえることで方針に素直に従う社員は育ちましたが、それ以上の自発的に計画し考え、実行するとなると、まだまだ足りません。


> 幹部を外部の塾やセミナーに参加させる

 今でも参加させていますが、当たり外れが大きく、社員はスキルやノウハウ系の勉強会には好んで行きますが、人間性に関わることは嫌々な感じがあり、効果も薄い気がしています。

数億円をドブに捨て、、、

そうやって、何千万、何億というお金を教育費につぎこんできた結果、最後にたどり着いたのが東川鷹年先生の「自創経営」です。

初めは正直、半信半疑で会社に来ていただきましたが、わずか数回で確信しました。


これだ、と。


私の未来が一気に明るくなった瞬間です。

驚異的な仕組みはナゼ

ご存知ではないかもしれませんが、東川鷹年先生は上場企業、西尾レントオールで人事の最高責任者をされていました。

まだ社員が53名だった時代に、社員一人ひとりが自発的に行動(経営)をし、どんな時代でも絶対に潰れない会社になるための「人材教育の仕組みの開発」に着手し、のちに体系化されました。

そうしてできたのが、「自創経営」です。


 自創経営を取り入れた西尾レントオールは、オイルショックや創業社長の急逝、バブル崩壊、近年ではリーマンショックなど、数々の逆境をもろともせずに業績を向上させ続けています(昨年実績、連結売上1,235億円、経常利益110億円、自己資本比率46%)。


 はじめから「すごい会社」なんてありません。

西尾レントオールもふつうの会社から、自創経営によって、とんでもなくすごい会社に成長したのです。

社員改革の3つのツボ

東川鷹年先生の自創経営には、経営のあらゆるすべての分野において、無数のメソッドがあります。すべてを学び実践するためには、5〜7年の時間が必要になるかもしれません。

しかし、まずはここを押さえるだけで、一気に会社が変わるポイントがあります。


 それが、ランクアップノートとチャレンジシート、そして成長対話です。

ランクアップノートとチャレンジシートが車輪の両輪となり、成長対話のエンジンで会社と社員の成長をぐんぐん前へと押し進めます。

私自身も、特にランクアップノートとチャレンジシートの仕組みに惚れ込んで、東川鷹年先生のメソッドの素晴らしさを実感しています。

希少な、希少な、希少な

東川鷹年先生の自創経営メソッドは、これまで400社以上に導入され、現在も指導要請が殺到しています(あなたが名前を知っている会社の多くも、東川鷹年先生が指導されています)。

ですので、新規に我々のような中小企業が東川鷹年先生の教えを受けるのは、かなり難しくなってきています。

また、現在は東川鷹年先生の息子さんが主に指導をされ、東川鷹年先生ご本人から学べる機会はますます希少です。

※直接指導です

今回は特別に、過去にビッグインタビューズに出演いただいたご縁と、中小企業の成長に貢献したいという私のミッションに賛同いただき、私たちのような中小企業向けに、特別カリキュラムで指導をしていただけることになりました。

もちろん、東川鷹年先生ご本人にです。


 費用も、本来なら1回分に相当する金額で、全6回の講義にご参加いただけます(幹部の方は2名まで無料で同席いただけます)。

課題設定と課題達成するための人材育成に的を絞った特別カリキュラムは、以下のとおりです。

カリキュラム

  • 第1回
    ・自創経営のすすめ
    ・自創経営とは何か?
    ・部門経営者を育てよう!!
    ・自創経営が目指すもの
    ・当社は何屋さん?
  • 第2回
    ・前回のポイント 復習
    ・当社は何屋さん?
    ・3カク運動の展開について
    ・企業発展の哲理 解説/宿題
    ・次回予告(事業計画書について)
  • 第3回
    ・発展の哲理の発表/添削
    ・幹部の役割と責任
    ・人財育成のための目標管理
    ・チャレンジシート
    ・マンダラメモの解説と宿題
  • 第4回
    ・マンダラメモの添削
    ・チャレンジシートの添削
    ・ランクアップノートの解説
    ・7つのセルフマネジメント
    ・月間-週間-日々への書き方
  • 第5回
    ・ランクアップノートの記入
    ・ランクアップノート事例発表
    ・成長対話の原則とは
    ・日々の書き方と指導方法
    ・個別の課題 悩みの公開相談
  • 第6回
    ・自創経営 実践行動学
    ・一気通貫の仕組みについて
    ・自創経営を社内に定着させるために
    ・自創経営グレードアップ研修
    ・総括

東川鷹年先生以外に考えられない

社内研修や社員育成の専門家は他にもたくさんいます。
それなのになぜ、私は東川鷹年先生にこだわるのか。

理由は簡単です。

東川鷹年先生のメソッドが浸透した西尾レントオールの驚異的な成長とその持続。
400社以上に導入され結果を出し続けている圧倒的な実績。

そしてなにより、私の会社で確実に効果が出ているからです。


 開発に数十年、運用更新に何十年とかかっている東川鷹年先生の自創経営以上に、確実で再現性の高いメソッドを私は知りません(※可能であるなら、常に第一人者・最高峰から学ぶべきです)。

もしこれを一社でやれば

同じ内容の講座を、もしあなたが東川鷹年先生に(独占で)お願いした場合、330万円以上の顧問料が必要になります。

それ以前に、多忙な先生に直接来ていただけるかもわかりません。

その上、他社の貴重なケーススタディから学ぶ機会も失われてしまいます。


 だから、一緒に学びませんか?

仲間として、一緒に成長し続ける会社に進化させませんか?

社員の「やらされている」を「やりたい!」に変え、自発的に考え行動する社内文化に創り変えましょう!

これまで多種多様な業種で自創経営は効果を発揮してきました。
あなたの会社ではできない、なんてことはありません。

参加費用は?

先ほどもお伝えしましたが、もし一社で同じカリキュラムを東川鷹年先生に依頼した場合、最低でも330万円以上の投資になります。しかも、貴重な他社の事例から学ぶこともできません。

今回は東川鷹年先生にお願いをし、これからの日本を支える中小企業を育てるというミッションのため、通常の5分の1以下の費用、1回108,000円。全6回で648,000円(税抜)で行っていただけることになりました。


 もしかすると「ちょっと高いな」と思われたかもしれません。

しかし1時間当たりでは約2万円(21,600円税抜)で、一般的なセミナーや研修と比較してもリーズナブルです。

さらに言い忘れていましたが、幹部の方を最大2名まで無料でご招待します。

要するに、、、

一社3名で参加いただいたなら、一人につき1時間当たり7,200円、1日36,000円で東川鷹年先生から直接学ぶことができます。

さらに、参加費には東川鷹年先生との懇親会費も含まれています。もちろん参加される方全員分(最大3名分)です。

懇親会は全6回中3回を予定しており、東川鷹年先生とざっくばらんにお話し、ご相談いただける非常に貴重な時間です。


 こんな機会は他ではありえません。

今回の企画がいかに破格か、そして東川鷹年先生の中小企業への期待がいかにこもっているかが、わかっていただけたはずです。

最後に

大事なことですが、東川鷹年先生の直接指導による本集中実践塾は、ただ「良いことを聞いた」と満足していただくものではありません。

仕事を「完全に任せられる人」を社内に本気で育てる、実践形式の塾です。

ですので、毎月毎月、がんがん会社を変化・進化していただきます。


 会社の内部にまでメスを入れ、懇親会を含めて皆さんと東川鷹年先生とで深い関係性をつくっていただきますので、参加企業は20社限定となります。

先着順になりますので、予めご了承ください。
もちろん私も参加者として一緒に勉強します。共に学び、会社を本当に意味で強くしましょう。


 会社の飛躍には、右腕のように自発的に計画、チェック、改善、目標達成できる人間が何人いるかです。

繰り返しになりますが、こんな機会はなかなかありません。本気で人を育てましょう!

山口俊晴

日程 / 会場

日 程 第1回  2018年 5月24日(木)
第2回  2018年 6月27日(水)
第3回  2018年 7月26日(木)
第4回  2018年 8月23日(木)
第5回  2018年 9月26日(水)
第6回  2018年 10月24日(水)
時 間 各回 11時00分 - 17時00分(5時間+休憩1時間)
参加費 648,000円(税抜/懇親会費込み)
※3回分の懇親会費も含まれています(各回一社につき3名まで参加可能)。
募 集 ※先着 20社 限定(最少開催数:12社)
会 場 フクラシア品川クリスタルスクエア
>> 東京都港区港南1-6-41 品川クリスタルスクエア2階、3階(会場ウェブサイト)
>> 会場までの地図(PDF)
決済方法 銀行振込でのお申込みとなります。

講師プロフィール

東川 鷹年(ひがしかわ たかとし)

西尾レントオール株式会社 元常務取締役
当時、社員53名だった西尾レントオールで人事の最高責任者となり、社長の想いが全社員に伝わる仕組みを開発。会社は、石油高騰や経済不況、創業社長、晃氏の急逝など、経営危機でも、業績が向上。
現在は、その仕組みを体系化した《自創経営法》を400余社に導入。成熟企業から新興企業に至るまで、逆境下ほど効力を発揮することから、全国の社長より指導要請が殺到。全社員の成長と会社の業績向上をともに願う、実務者の哲学と魂がある。

講師 東川鷹年先生からのメッセージ

自創経営で必ず会社は強くなります。そしてその強さとは、商品力やマーケティング力ではなく、人の強さです。自創経営によって育てられた人ばかりの組織になれば、どんな時代の逆境があったとしても潰れないどころか、もろともせずに会社を成長させ続けます。今回は20社限定ということで、あなたとあなたの会社に真剣に向き合い、私も全力を尽くします。社員の成長に本気になってください。お待ちしています。

「強い会社」に創り変える集中実践塾(全6回)

日 程 第1回  2018年 5月24日(木)
第2回  2018年 6月27日(水)
第3回  2018年 7月26日(木)
第4回  2018年 8月23日(木)
第5回  2018年 9月26日(水)
第6回  2018年 10月24日(水)
時 間 各回 11時00分 - 17時00分(5時間+休憩1時間)
参加費 648,000円(税抜/懇親会費込み)
※3回分の懇親会費も含まれています(各回一社につき3名まで参加可能)。
募 集 ※先着 20社 限定(最少開催数:12社)
会 場 フクラシア品川クリスタルスクエア
>> 東京都港区港南1-6-41 品川クリスタルスクエア2階、3階(会場ウェブサイト)
>> 会場までの地図(PDF)
決済方法 銀行振込でのお申込みとなります。

よくあるご質問

Q 1名でも参加できますか?

A もちろん参加可能です。しかし、自創経営は経営者一人が学んでも会社はなかなか変わりません。信頼できる幹部や部下の方とお越しいただくのをおすすめしています。最大3名までは追加費用なしでご参加いただけます。

Q レベルが高そうで、ついていけるか心配です、、、

A 大丈夫です。東川鷹年先生には「自創経営とは何か?」「なぜ自創経営が必要なのか?」といった根幹の部分、経営はどうあるべきかといったスタートからご指導いただきますので、どなたでも心配なく学んでいただけます。むしろ、これから社員教育に取り組みたい、力を入れたいという会社ほど、最初に自創経営を学ぶ意義が大きいです。

Q 興味のある回だけスポットで参加することはできますか?

A 自創経営を導入し、本気で社内の人間改革に取り組む意識のある会社だけを募集していますので、全6回にご参加できる方のみお申し込みください。

Q 参加者への特典などはありますか?

A 講義中、東川鷹年先生に公開コンサルティングというかたちで、直接ご質問いただくことができます。また、懇親会では東川鷹年先生とお酒を酌み交わしながらざっくばらんにお話しいただくこともできます。こういった機会は非常に貴重です(※参加者全員分の懇親会費は参加費に含まれています)。

Q 小さい会社で従業員も数人ですが、参加してもいいですか?

A もちろんです! 早い段階から自創経営のカルチャーをつくることで、今後の成長に多大な影響を及ぼします。幹部の方がまだいらっしゃらない場合は、部下のいる社員の方をぜひお連れください。

Q 出られない回がある場合、講義の映像や音声をもらうことはできますか?

A 申し訳ございませんが、各社の事情に深く踏み入って講義を進めますので、録音、映像の収録はご遠慮いただいております。それらをお渡しすることもできかねますので、予めご了承ください。代理の方の出席を希望される場合は、事務局にご相談ください。

追記

本音を言うと、東川鷹年先生の存在も、自創経営のメソッドも、隠しておいた方が私の会社にとっては得です。ものすごい競争力になると確信していますし、社員教育の最終兵器とも言えます。

しかし東川鷹年先生の自創経営を学べば学ぶほど、こんなにも会社も社員も成長し、そして幸せになるメソッドは他にありません。

私のミッションは、同じような全国の中小企業の経営者と、一緒に豊かになり、一緒に社会をより良くすることです。だから公開することにしました。

これからの時代、間違いなく会社は人にかかっています。本気で社員の教育、社員の成長に取り組みましょう。そして、どんな時代でもびくともしない強い会社を一緒に創り変えましょう。あなたの参加を東川鷹年先生とともにお待ちしています。

追記2

自創経営は経営者であるあなたはもちろん、幹部の方とともに学ぶものです。ぜひ3名でご参加ください。一人で学んでも会社は変わりません。